合同会社(LLC)とは?

合同会社(LLC)に関する意義やメリット・デメリット等の基礎知識等を紹介させていただきます。

合同会社(LLC)とは?

合同会社(Limited Liability Company)は、2006年5月施行の会社法により創設された、新しい会社形態です。

合同会社の特徴

  1. 出資者全員が有限責任社員
  2. 定款に定めることにより、利益配分を自由に設定することが可能
  3. 内部組織に高い自由度が認められている

等です。

  • 合同会社(LLC)の構成は、出資者による総会(社員総会)のみとなっており、総社員の同意に基づいて、定款の変更や意思決定ができるなど、迅速な会社運営を可能とし、小規模企業に最適な会社組織となっています。
  • 要件は、株式会社と同様、1人でも設立可能であり、資本金も1円でOKです。
  • 合同会社(LLC)設立のメリット・デメリット

    合同会社(LLC)設立の主なメリットは、次の3点です。

    1・会社設立費用が株式会社に比べ安いことです。

    株式会社で必要な定款認証や出資金の保管証明などは、合同会社では不要であり、設立コストを削減することができます。

  • 公証人の定款認証手数料・・・株式会社  50,000円   合同会社    0円
  • 登録免許税・・・・・・・・・株式会社 150,000円   合同会社  60,000円
  • 定款印紙代・・・・・・・・・株式会社  40,000円   合同会社  40,000円
  • 上記より合同会社(LLC)設立の場合のほうが、株式会社設立と比較すると定款認証料と登録免許税を併せて140,000円の費用の削減が可能となります。


    2・法人であることの社会的信用度の高さです。

    合同会社も、株式会社も同じ法人です。名刺でも、ホームページでも又契約や銀行口座名等を法人名で作成することができますので、個人事業者に比べ格段と対外的信用力が高くなり、集客力アップにつながります。


    3・有限責任と配当や経営権について自由にルールを作れることです。

    合名・合資会社が無限責任社員であるのに対して、合同会社は、出資社員の全員が有限責任社員であるということです。

    又、合同会社には、取締役会や株主総会も置く必要がありませんし、その意思決定も株主総会や取締役会の決議による必要もなく、社員全員の一致で決めることができます。

    利益配分も株式会社では、出資割合に応じた利益配当しかできませんが、合同会社では利益配分も出資額の多少にかかわらず、自由に決めることができます。この柔軟性とスピーディーな意思決定による迅速な経営が最大のメリットと言えます。

    例えばIT関係の技術、知識は誰にも負けないが、資金のない企業家のAさんがBさんと共同で合同会社(LLC)を設立するという設定です。出資割合にかかわらず、議決権(経営権)割合と損益(利益)配当割合を決めることができます。

    企業家Aさん 企業家Bさん
    出資割合 20% 80%
    議決権(経営権)割合 70% 30%
    損益(利益)配当割合 60% 40%

    同会社(LLC)設立の主なデメリットは、次の点です

    合同会社は、平成18年5月に始まった新しい制度であるため、まだまだ認知度が低く、株式会社に比べると信用度で劣る点です。

    会社名が「○○合同会社」・「合同会社○○」となり、株式会社では、取締役にあたる役職が合同会社では、社員となりますので、「社員○○」・「代表社員○○」・「業務執行社員○○」といった名称になります。

    合同会社(LLC)の設立の流れ

    1. 合同会社の概要を決める
    2. 構成員と出資比率や利益配分、内部自治を決める
    3. 合同会社の定款を作成する
    4. 出資金払込
    5. 合同会社の登記申請
    6. 合同会社設立完了

    合同会社(LLC)の定款に記載すべき事項

    合同会社(LLC)設立時に必ず記載しなければならない事項は、次のとおりです。

    1. 商号
    2. 事業目的
    3. 本店所在地
    4. 社員の氏名・名称・住所
    5. 社員が有限責任である旨
    6. 社員の出資の目的、その価額

    *合同会社設立に関する費用の詳細に関しては、メニュー「会社設立代行」をご確認願います。

    お問い合わせはこちら

      TEL

      このページの先頭へ